• HOME
  • 塗装ってなぜ必要?

塗装ってなぜ必要?

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗装が必要となってきます。
しかし「何年たったら塗装を絶対にしないといけない」という決まりがある訳ではありません。業者さんによっては4~5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、大切なのは大事に至る前に行う事です。

「大事に至る」と言う事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になる事です。
(屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事ができません。)

この状況に至ると材木は湿気を含み、シロアリを呼ぶ可能性もあります。
さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこともあります。外壁塗装には、こうした雨漏りによる二次的被害の誘発を阻止する役目があります。しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。



平松塗装店の 親方日記

  • R4 9月5日 松ちゃん挨拶廻りトレーニン

  • 7月から職人から現場管理になってもらった松ちゃんに今日はご近所様への挨拶廻りの練習ピンポン押すのっ... >>詳しく見る
  • R4 9月9日 TT研修第6講

  • 今年の4月から日本総合教育研究所と言う中小企業の人材育成教育してくださる機関で、企業内インストラク... >>詳しく見る
  • R4 9月10日 奈良本社新築工事

  • 今日は基礎の生コン打ちしておりました 天気が良くて良かったです^^ >>詳しく見る
  • R4 9月2日 今朝も頑張っとるやん

  • 今朝もペンキ屋泣かせの雨 職人さんたちは帰ってもらいましたが 松っちゃん今朝もパソコン練習! ... >>詳しく見る
  • R4 9月1日 パソコン覚えたいんやってさ

  • 先月から現場の管理や営業のサポート手伝ってもらる松ちゃん パソコンを覚えたいとのこと 今日は、雨... >>詳しく見る
現場ブログ