• HOME
  • 塗装ってなぜ必要?

塗装ってなぜ必要?

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗装が必要となってきます。
しかし「何年たったら塗装を絶対にしないといけない」という決まりがある訳ではありません。業者さんによっては4~5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、大切なのは大事に至る前に行う事です。

「大事に至る」と言う事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になる事です。
(屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事ができません。)

この状況に至ると材木は湿気を含み、シロアリを呼ぶ可能性もあります。
さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこともあります。外壁塗装には、こうした雨漏りによる二次的被害の誘発を阻止する役目があります。しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。



平松塗装店の 親方日記

  • R5 1月28日 ベンチマーク

  • 神戸、西神中央にある住まいのヤマオカ君にベンチマーク塗魂ペインターズの仲間数名と行ってきました ヤ... >>詳しく見る
  • R5 1月27日 午前中だけでも

  • 昨晩仕事終わってから 丹後へ サクサクっと波乗り一時間半してストレス発散 冬型、一瞬ゆるんだタイ... >>詳しく見る
  • R5 1月18日 

  • お世話になってるサーフショップに行ってみたら ハワイのレジェンドサーファー ジェリーロペスのが削... >>詳しく見る
  • R5 1月10日 理念塾

  • 今日は理念塾 第3構 勉強すればするほど悩みます。 今、弊社の課題! 問題だらけ 社員・職人さん・... >>詳しく見る
  • R5 1月9日 ボランティア最終日

  • 年末からボランティア塗装しておりました天理のわくわくホームさん 本日、最終日 純粋にペンキ塗り ... >>詳しく見る
現場ブログ